経営の効率化

一括借り上げ制度とは

平成27年から相続税制が改正されたことに伴い、ますます事前の相続対策の重要性が増してきています。特に、不動産を多く所有している世帯にとっては、土地活用は悩ましい問題であるといえます。以前から、節税対策としては借金をして賃貸アパート経営を始めることが有利であるということがいわれています。たしかに節税につながることとなりますが、人口減少社会を迎える今後にあっては、賃貸経営を始めるに当たり秋室リスクをどのように考えるかが大きな問題となります。そうした状況を受け、賃貸アパートの建設会社等が提供する一括借り上げ制度に注目が集まっています。一括借り上げ制度とは、建設会社側でアパートを一括して借り上げて、入居者の有無にかかわらず家賃収入を保証するものです。

複数の会社のサービスを比較しよう

一口に一括借り上げ制度といっても、同種のサービスを提供しているそれぞれの会社によって微妙に制度内容が異なります。そのため、一括借り上げ制度を利用して賃貸アパート経営を考えている場合は、複数の会社の制度をしっかりと比較したうえで、自分の納得のいくサービスを提供している会社を選ぶことが重要になります。複数の会社の一括借り上げ制度の比較にあたっては、インターネットの一括資料請求サービスを利用することが一番便利であるといえます。資料を見たうえで、自分自身が興味を持った会社に対して問い合わせを行い、自分自身の疑問点を確認するのがよいといえます。決して1社の営業マンの話を鵜呑みにするのではなく、自分自身で比較検討を行うことが重要です。